あ し あ と 。

生きてます。自由に。

学び

ゆだねきる旅2【十一日目 兵庫の磐座登山】

3月15日 早朝。 前日の至福タイムからなかなか抜け出せずいたけれども 名残惜しい真綿の布団から出て、消えかけているお月さまとご対面。 『おせわになりました!!』 前回のゆだねきる旅は、(わたしは)染織を、 絹糸を学び植物の染めを学ぶための旅だ…

ゆだねきる旅2【十日目 兵庫県佐用】

3月14日 旅10日目にして今回はじめて雪様(わたしの中の神様)登場。 行きたいと思うところはあるのだけど、そこまでの距離と時間がなかなかなのと、方向的に逆(南下する)なのと、夫の仕事が終わらないのと、「行きたいけど無理かも」と諦めかけたとき …

ゆだねきる旅2 【九日目 淡路島〜神戸】

3月13日 その名も芳しい「香りの公園」で目覚める。 丘の上にあるこの公園、どどーんと広い駐車場にはだれ〜もおらず 梅吉が走り回ったり出来るし(写真手前にボールが転がってますな) 煮炊きも出来るし、朝はお布団を干しました。 公園なのでトイレもあ…

ゆだねきる旅2【八日目 淡路島&沼島】

3月12日 前日のブログで「素敵な公園で宿泊」と書きましたが、記憶違い。 この日は、道の駅あわじの駐車場に泊まったのでした。 夜に車のまわりをウロウロしていたら、一台の車がやってきて、おじさんが下りてきた。 「なにしてんだ」と最初はなんだか不…

ゆだねきる旅2【七日目 淡路島】

3月11日 淡路島にておはようございます。 ブッシュクラフトの講座では宿泊所は用意するものの、そこはさすがに強者が集まりますので、宿泊施設には泊まらずテント張ったりタープに寝袋だけで寝てしまうひとも多いです。 わたしは久々にノア子で梅吉とふた…

ゆだねきる旅2【六日目 可児〜淡路島】

3月10日 泊まった可児にもお城があるそうな。 苗木城、岩村城、そしてこの美濃金山城で東美濃三大山城なのだとか。 そして全部巡るとコンプリートカードがもらえるんだじょ! 別にカードもほしくないし、全く城マニアでもないがせっかくだから行ってみる…

ゆだねきる旅2【三日目 下呂温泉〜苗木城跡】

3月7日 早朝からなにやら外が賑やか。 夜は気が付かなかったけれど、ここでは朝市が開催されるらしい。 さすが、マルシェコーディネーター(夫)しっかり引き寄せております。 画像は開店前ですが地元の食材やら民芸品やらずらりと並んでおりました。 何故…

ゆだねきる旅2 【一日目 岐阜 郡上八幡】

いよいよ、ゆだねきる旅スタートです。 「ゆだねきる旅」とは、目的地など先のことを一切決めない、「調べず決めず約束せず」を原則とし、一瞬一瞬その場でやってくることを受け入れながら移動したりしなかったりする旅です。 3年前、夫が仕事を辞めたのを…

ゆだねきる旅2 前哨戦 【石徹白洋品店のたっつけづくり】

気がつけば年が明けていて 次なるゆだねきる旅はどこなのだろう…などと想いを馳せたりしますが、よく考えたら「ゆだねきる旅2」をアップしてないんですよね!! 「陰陽バリ旅」も2年前の「紅(くれない)の旅」もアップしてないし!! こりゃいかん!! こ…

ただいま、ワタシ

いやー 長かった。長い日々だった。 やっっっっっっっと!帰ってきました。 自分自身に。 ただいま、ワタシ。 ある日 気がついたら自分自身を失っていて どこへ行ったら良いのか どこへ帰ったら良いのか さっぱりわからず ただただ迷路の中で放心しておりま…

チセを建てる〜その九 棟木(キタイオマニ)を上げる

新十津川も秋めいてきました。 前回は先の地震により作業を中止したため、二ヶ月ぶりの共同作業です。 チセの骨組みは地震の影響は全く無く、しっかりと建っています。 さすが。 さて、「チセ(建物)を建てる」というとやはり「力仕事」というイメージがあ…

北海道胆振東部地震

2018年9月6日(木)3時 北海道の大地が大 きく揺れた。 自分自身の備忘録として残しておきます。 そのとき、わたしたちは札幌の自宅で寝ていて大きな衝撃で飛び起きた。 夫と犬がいることを確認して 余震もある中、互いにツイッターで情報を得る。 なんと…

チセを建てる〜その八 三脚を上げる

去年の11月から始まったチセを建てるシリーズも yukikoashiato.hatenablog.com その八まで来ました。 本来(昔のアイヌのコタンでのチセづくり) なら、大人数で短期間に一気にやってしまうところですが、現代の諸事情ではそうもいかず。 それでも 集まって…

軽トラモバイルハウスをみんなで作る!その2

当別での二日間を終え yukikoashiato.hatenablog.com 次の土曜日がやってきて、 当別からさらに北上した新十津川の我が家に皆様が集まりました。 基礎工事から始まるようです。 本来なら基礎工事が最初で、その上に建物を建てていくものですが 今回は軽トラ…

チセを建てる〜その六 桁を上げる

柱立てるWS二日目の朝。 宴の後にておはようございます。 昨晩 我々はわりと早めに就寝したのですが(新十津川ライフは超早寝早起き!)エカシたちはやはり遅くまで呑んでいたもよう。 あれだけ「明日もあるからそこそこにしろ」と言ったのに…苅谷さん、おつ…

わたしは全てを豊かにする

NPO法人ハチドリとしてのアイヌ料理提供は、昨日で終了! ラストは「ゴールデンカムイを読んで食べたくて♡」という、めんこいグルメ女子ふたり。 ほのぼのと終わって良かった。 アイヌ料理を作る事は、料理を通して「アイヌのこと」や「自然と共生したくらし…

フルムーン旅行記 四日目 〜最終日

今回の旅のメインデーといっても良い本日。 最初は乗った汽車ごとにアップしようかと思ったが 改めて下書きを見たら「ただ汽車の写真がいっぱい載ってる」ってだけになっていたので 写真の数を厳選して大幅に減らし、無理矢理一日にまとめた。 それでも、ほ…

旅に出る理由 その2

和歌山になにかあるだろうか それがひとつの旅に出る理由になった。 そして、わたしのなかでもうひとつ ーこれは見つけるというより、確信にしていく作業ー 夫とわたしの関係性をはっきりさせたい、というものがあった。 わたしが夫と結婚して 人生がまるき…

紅花染

ゆだねきる旅で山形に寄った時に出逢った、鈴正の紅花染め。 すっかり惚れ込んでしまったその色に その場で「修行させてください!」とお願いし その後、紅花摘み、紅餅作りと再度山形へ修行の旅に出ているのですが それをブログで報告していないっていうね……

あけましておめでとうございます

と、新年の挨拶をしてみたものの 正月らしいことは一切しておらず。 大掃除もしないしおせちも作らない。 31日に年越の大祓だけは行ったけど 1日には新十津川へ茅を運び 2日には二風谷へ行き木の皮むきをし 3日には茅刈りへ。 お正月を楽しむよりとにかくチ…

チセを建てる〜その三 茅を刈る

二回目となるチセづくりワークショップ 次は「茅を刈る」!!!!! なんと単純な響き!! ていうか、みなさん、茅って知ってますか? なんとな〜くイメージは出来ると思いますが 「これが茅です」と指差して人に教えられますか? わたしはススキとの違いが…

チセを建てる番外編〜森に還ろう

我が家の(勘弁して)あるある。 ○夫が長期出張に出ると、食料が大量に届く 紋別のエカシ(漁師)から届いたカジカとソイ そして ○夫が長期出張に出ると、大雪が降る うまれて初めて雪をみる子猫 今回はこれがダブルでやってきた(´Д` ) まじ勘弁して…(´Д` )(…

チセを建てる〜その二 木の伐倒

チセづくり、祈りが終わって許可を得て、いよいよ実務開始です。 今回はたくさんのひとに知って欲しい、関わって欲しい、ということで わたしが理事長をつとめる NPO法人ハチドリ でのワークショップ形式にしました。 となると ただ適当に「さ〜そこの木を倒…

チセを建てる その一〜許可を得る

いよいよ始まります。チセづくり。 いよいよなんだなぁ。 本当のことなんだなぁ。 いまだ、夢みたい。。。。 さて、いよいよ建てるといっても まずはやることがあります。 日本式なら地鎮祭から、でしょうが アイヌ式ではまず「許可を得る」ことからです。 …

ミツバチとトイチチリ

チセづくり報告に入るまえに、休憩をかねて、ひとつお話を。 わたしがこれから活動するなかで 忘れてはいけないことがある。 それを、最近また改めて思い知らされるようになった。 小さなミツバチと 小さな鳥が教えてくれる、「忘れちゃいけないこと」。 ー…

ゆだねきる旅、その後〜その四

出来ないときは、どんなに頑張っても、死ぬほど努力しても出来ない、叶わない。 なのに 「その時」が来たら、あっという間に出来たり叶ったりする。 しかも「え、そっちから?」「なんで今」みたいな 思いもよらない、想定外のことが起こって全て上手く行っ…

ゆだねきる旅、その後〜その三

8月8日のFacebookの投稿よりそのまま引用 【不思議ないちにち】 8月8日は新十津川で過ごしたいなぁと思いつつ、流れにゆだねていたら 結果 森や動物や温泉に癒され 血ではなくタマシイで繋がる『新しい家族』 お金ではなくイノチが循環する『新しい暮ら…

ゆだねきる旅その後 その二

新十津川の土地と家を買う、と決めて 今の札幌の家と土地 新しい家と土地 とにかくクリーニング、クリーニング。 「ああしたい、こうしたい」 「◎◎になりますように」 じゃなく 「全てがあるべき姿になるように」 雪様と一緒に、過去のソースを消して行く。 …

ゆだねきる旅、その後 その一

約20日間のゆだねきる旅が終わって 札幌に戻って 愛しい我が家に帰って 居間にゴロンと横になって いつもの台詞 「あぁ〜、やっぱり我が家が一番だね!!」 が出る はず、だった。。。。。。 愛しい我が家には変わりない。 あぁ、やっと帰ってきたねぇ。。…

ゆだねきる旅 12日目<群馬県>

うるさいくらいの鹿の鳴き声で目が覚めた。 お外でひとりで寝ていた梅吉が、入れろ!とノア子のドアをひっかく。 ドアをあけると、もの凄い勢いで飛び込んで来た。 あれ!?していたはずのリードが外れてる… 大興奮の様子。 ハアハアしてお目々がランランと…