読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ し あ と 。

生きてます。自由に。

不食生活スタート。

ついに、スイッチが入ってしまいました。

 

なにがってタイトルどおり「不食」の。

 

10年位前に知った食べないひとのこと。

当時は「絶対有り得ない!!!!!」だった。

そういうヒトもいるんだなぁ、すごいなぁ。と。

まったく別次元のヒトだなぁ、と。

 

 

そして3年位前にまた「不食」という言葉に再会したときに

なんとなく「あ、これわたしやるな…」って思った

 

けど

 

わたしは違うべ、って言い聞かせた。

 

だって飲食店やってたし

「食べる物は大事!!」と大きな声で力説してたし

自分自身食べること大好き♡だから

いつも何食べるか考えてたし

お腹すいたらめっちゃ機嫌悪くなるから

出かけるときは何かしら食べ物携帯してたし

 

「いやいやいやいや!わたしが不食(食べない)なんて無理無理無理!!」って

アタマで拒否した。

 

 当時、友達にネタとして不食の話をしたときに

 

「ねー、どーしよーわたしも『プラーナで生きる』とか言い出したらーwwwwww」

「やめてーw」

「ねー、どーするー?わたしが北島マヤみたいにキャベツ切ったときに『痛い!』って言い出したらー」

「有り得ないしwwwwwwww」

 

てな会話もしてたのです。(結構ハッキリ覚えてる)

 

で、今。

 

 

友よ、現実になってしまったよ。

あれは宣言だったのかもしれないな。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

去年の12月に

何気に図書館で借りた不食の本。

 

いつも図書館では限度ギリギリの本を借りる。

 

他の染色や織物や今、一番知りたいことの本と一緒に

この本を借りたんだけど、何故この本を一緒に借りたのか未だにわからない。

何故借りたんだっけ?

 

 

(ちっちゃい雪ちゃんからの指示だったんだろうけど…)

 

 

 

だけど

 

家に着いて染色の本よりも先にそれを一気に読んだ。

 

帰って来て一気に読んで決まった。

 

 

 

不食

 

 

「やろ」

 

スイッチオン。

 

「いやいやいやいや」だったスイッチが、一瞬にして、オン。

 

だって、出来る

っていうか

わたしはやる

ってわかっちゃったから。

 

 

嫌だとか、無理とか、出来ないとか、有り得ないとか、

 

そういうの無しで

 

「やろ」

 

って思っちゃったから。

 

 

だから、やることにしました。