読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ し あ と 。

生きてます。自由に。

食じゃなくていい!魂の栄養を摂る。

不食 本質の話

食べない方が、調子いいー!

食べない方が、全然元気ー!

 

何故、そんなことが有り得るのか?

 

食べない方が調子良い、ってのは今までの投稿でも少し触れてきたけれども

 

食べない=元気いっぱい!ってのが、不食を信じられないひとにとって、多分一番不思議なんじゃないかなと。

 

わたしがそう思ってたから。

 

食べなくても生命を維持出来るのは、なんとなーく理解出来る。

仙人みたいな、超越した人なら食べなくても死なないんじゃないか。

 

ただそれはあくまでも「死なない」であって、

 

元気はつらつーーーーーー!!

 

というイメージでは、無い。

 

不食の本にも、食べない人が、食べる人よりいかに健康的で溌剌でパワーがみなぎっているか、書いてある。

 

何故なのだ…

 

 

 

 

その疑問も、

身を以て知ることになるわけです。

 

 

 

まずは、もちろん「食べない」=「溌剌」ではない、イコールではないということ。

 

そこがイコールであれば、絶食でも断食でもダイエットでも、元気ハツラツになるはず。

 

でも、そういうのは普通続ければやつれていくよね。

過激なダイエットなんて(わたしも経験あるが)心身共にヨレヨレになって、ちょっと動くのもしんどくなる。

 

そういうものと不食の何が違うかというと

 

「食べなくても大丈夫」という確固たる『意識』はもちろん

 

「食べるもの以外で、身体を命をつくっていく」ということ。

 

それは、実際自分が不食(へ進むこと)を始めてから、どんどんわかっていった。

今まで特に意識せず、素通りしてきてしまったことが

いかに栄養素として大切か、日々の暮らしの中で気付いていった。

 

それは驚きの連続で

 

わたしたちはこんなに完璧なもの(栄養)を与えられているのに

それに全く気付かず

身体を汚し思考を汚し地球を汚し

とんでもなく無駄で愚かなことをしているのだ、と

 

気付く旅でもあった。

 

これから、そのあたりを続けて投稿します。

 

(結局、当面は不食ブログになりそうだwwwwww)