読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ し あ と 。

生きてます。自由に。

チビ雪と不食

不食 本質の話 ウニヒピリ チビ雪 ホ・オポノポノ

さて

 

ちっちゃい雪ちゃんと不食について。

 

 

 

不食にしよう、と思ったときに当然すぐにチビ雪に相談した。

 

不食、やろうかな」

 

そのときのチビ雪の反応は

 

「やったーーーーーーーーー!!

 もう、無理して食べなくて良いんだーーーーーーーー!!」

 

だった。

 

 

 

そして、思い出した。

 

 

わたしは小さい頃、医者に長生き出来ないだろうと言われていたほど病弱で

食も細かった。

 

所謂「普通の」感覚な母親は

「たくさん食べなさい」

「食べないと丈夫にならない」

「肉を食べないと元気が出ない」

という人で、とにかくわたしに食べさせようとした。

 

わたしは食べたく無かった。

 

でも無理矢理食べさせられた。

 

当然美味しいと思うわけもなく、嫌々仕方なく食べていると

 

「あんたはほんとうに不味そうにごはんを食べる!」といって怒られた。

 

そしてまたごはんを食べるのが嫌になる、という悪循環だった。

 

せっかく作った食事を不味そうに、嫌々食べられるというのは心底悲しいものだというのは今になって良くわかるが

 

わたしは「食べたく無い」、

 

それだけだった。

 

 

「もう食べなくていいんだ…」

 

チビ雪は心底安心したようだった。

 

 

 

そして

 

「食べたく無いなら食べない」

「食べたくなったら食べる」というわたしにとって究極の自由を手に入れて

新しい食生活がスタートした。

 

 

 

スタートして3週間程経ったある休日

 

夫と家でお蕎麦を食べていた。

年末に年越し蕎麦として友人やみんなで食べようと用意していたのだけど

酔っぱらってすっかり忘れていて

「そろそろ食べちゃわないと」と茹でた、はいいが

少食になっていた二人にとってそれは結構な量で

「食べきれるかなぁ」と言いながらすすっていた。

 

最初は美味しく食べていたのだけど、さすがに途中できつくなってきた。

 

今はもちろんそこまで食べる事は無いけど

そのときはまだ「残したらもったいない」という思いがあり…

 

蕎麦猪口に蕎麦をつけた瞬間「…お腹苦しい!」と自分でも思ったけど

もうつゆにつけてしまったし、この一口だけ食べよう、と口に持って行こうとしたとき

 

 

チビ雪大激怒。

 

 

「お腹が苦しいってわかってるのにどうした食べるの!?

 からだがもういっぱい、って言ってるんだから、無理して食べるな!!!!!!」

 

 

ひゃ〜〜〜〜〜( ;´Д`)

 

すすすすすすすいません!!

 

 

素直に箸を置くわたし。

 

まだまだアタマで食べていたわたし。

 

カラダの声を無視していたわたし。

 

この一件(チビ雪大激怒)以来、しっかり自分のカラダに聞きながら食べるようになった。

 

満腹じゃなくて満足、

 

身体に入れて良い量と

チビ雪が満足する質をしっかり見極めて食べる。

 

チビ雪は、本当に美味しいと思うものを食べると、

一口で「うわぁ〜これ美味しいねぇ〜幸せだねぇ〜もうこれだけでいいねぇ〜」と言うのでもうそれ以上は食べない。

 

おざなりに、適当なモノで空腹を満たす、なんてことは許されないので

常にチビ雪に「食べるなら何が良い?」と聞く事にしている。

 

チビ雪は不食に関して、たくさんのアドバイスをくれる。

 

食べないと感覚が繊細になるので、チビ雪の声も良く聞こえるようになった。

 

不食を目指す生活を始めてから、チビ雪とよりいっそう仲良くなった気がする。

 

 

それはそれは、好循環なのだ。