読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あ し あ と 。

生きてます。自由に。

結婚5周年記念 余市旅

LOVE♡

前の立春の記事と順序が前後しちゃったのですが

 

2月2日は結婚記念日。

 

今年は、結婚した年に記念に仕込んだ「マイウイスキー」に会いに余市へ行って来ました。

f:id:yukikoashiato:20170223180626j:plain

余市は札幌から電車で一時間強の、果物とウヰスキーと、宇宙のまち。

(宇宙というのは宇宙飛行士の毛利衛さんの出身地ということで宇宙博物館があるから。)

 

f:id:yukikoashiato:20170223180624j:plain

見学などで何度か来てますが、冬は初めて。

雪景色の中の石造りの建物も、風情があって良いですなぁ。

 

 

 

 

ニッカウイスキー余市蒸溜所にて行われている『ウイスキーづくり体験』。

www.nikka.com

 

我々はかなり幸運なことに、初めて申し込んですぐに当選して参加できたわけですが(神様おーちゃんからの結婚祝いだったのでしょう♡)

 

かなり人気の催しらしく、わたしたちと一緒に作った仲間の中には

「10年申し込んでやっと当たったんだよ!!」と泣いて喜んでるかたもおられました。

 

そしてあれから5年経った現在。

 

朝の連ドラ「マッサン」効果で、その倍率は…天文学的数字になっているそうです。

と、

この赤いコートのガイドほんださんが教えてくれました。
(こちらのガイドさん、明るくてお話上手で楽しいです!友達は指名するって言ってましたw)

f:id:yukikoashiato:20170223180623j:plain

 

一般のかたは立ち入り禁止のゾーンに我々のウイスキーは眠っています。

 

f:id:yukikoashiato:20170223180621j:plain

 

マイナンバー『2』の蔵です!

 

f:id:yukikoashiato:20170223180622j:plain

 

5年ぶりの再会、ドキドキー♡

 

f:id:yukikoashiato:20170223180620j:plain

 

厳重な鍵を開けて…

 

f:id:yukikoashiato:20170223180629j:plain

 

ずらりと並んでいる樽たち。

 

 

f:id:yukikoashiato:20170223180628j:plain

この中で静かにゆっくりと熟成しているウイスキー達。

なんと美しい光景だろうか。

 

 

 

あ、ありましたよ!my樽!!

 

f:id:yukikoashiato:20170223180618j:plain

 もー超ナデナデして、いーっぱい声かけて、愛情ぶっこんで来ました♡

絶対美味しいウイスキーになるはず!!

 

f:id:yukikoashiato:20170223180627j:plain

 あと5年、ゆっくりしてね。

 

ニッカさん、あと5年、よろしくお願いします!!

f:id:yukikoashiato:20170223180612j:plain

 

 

さて、面会が終わった後はもちろん!!飲みます!!

レストラン「樽」にてまずはシングルモルト飲み比べ。

f:id:yukikoashiato:20170223180606j:plain

 

ぐふふ〜ぐふふ〜〜〜

なーんて美しいんでしょ!!

f:id:yukikoashiato:20170223180605j:plain

 

ちょっと気取って(通ぶって)香りを楽しんで。

f:id:yukikoashiato:20170223180603j:plain

なんでも飲むような私ですが、シングルモルトはずっと苦手だったんですよね。薬くさくて。

(ちなみに黒ビールも苦手だった)

それが「美味しい」と言って飲むようになるとはねー。

好みというか自分の味覚が変わったのと、

夫がお酒のことをいろいろ教えてくれたのも大きいですね。

 

その夫も美味しそうに飲んでおります。

f:id:yukikoashiato:20170223180559j:plain

シングルモルトのあとはわたしの大大だーい好きな『鶴』と『余市 2000』を。

『鶴』はその昔働いていたミニクラブ的なお店のメインボトルで、毎晩ありがたく(お客様の鶴を)いただいていた思い出の酒。

(今思えば鶴がメインボトルとは高級店である)

こちらはもう製造しておらず、現存する樽が無くなったら終了、

今やここでしか飲めない&購入出来ない貴重なお酒なのです!!

この鶴を飲めただけでチビ雪幸せMAX。

余市まで来て良かった!!!!!

 

 

 

食事は無くても良かったのですが、せっかくなのでリタがマッサンのために作っていたというスコットランド伝統料理とやらをいただきます。

f:id:yukikoashiato:20170223180549j:plain

 

スコッチブロスは美味しかったですねー。

ウイスキーに合う料理って感じ。

f:id:yukikoashiato:20170223180550j:plain

 

余市は、スコットランドウイスキー作りを学んだマッサンが「日本でウイスキーを作るなら」と選んだ土地。

水も風土も、スコットランドに似ていてウイスキー作りには適している、

ということはもちろんスコットランド料理も美味しくいただけるということです。

 

その土地のものを、その土地のお酒と共にいただく。

これが最高の贅沢というか楽しみですよね〜(不食だけど)

 

 

さて、お次ぎは二階にある試飲コーナーへ。

ここでは三種類のお酒がいっぱいずつ試飲出来ます。

左から「竹鶴 ピュアモルト」「スーパーニッカ」「アップルワイン」。

 

f:id:yukikoashiato:20170223180558j:plain

 

いや〜、どれもこれも美味しいんですけど。

 

正直、『鶴』を抜かせば、私は『ブラックニッカ』が一番好きですね!!

あの値段であのクオリティ、最高のコスパっすよ!

いや、値段関係無く、例え高額だとしても『ブラックニッカ』が好きなのです♡♡♡

 

こちらは中国系団体客で大変賑わっておりました。

 

少し酔って来てますねw

f:id:yukikoashiato:20170223180557j:plain

 

来場した時間が遅かったため、施設見学はほぼ出来ませんでした。

ま、これは何度も来ているので省いても良し。

メインはマイウイスキーに会うことだからね!!

 

記念のお土産に『鶴』と夫が気に入った『シングルモルト余市 PEATY&SALTY』を購入(おとうちゃん、買ってくれてありがとう〜〜〜〜涙)、

 

一時間に二本しかない電車に乗るために早々にお別れしましたー。

 

ありがとう、余市

また来るね、余市!!

f:id:yukikoashiato:20170223180556j:plain

 

帰りの電車は単車両。めんこいぞ!

 

f:id:yukikoashiato:20170223180553j:plain

 

駅の構内で販売していた「余市のりんごのアップルパイ」。

思わず買っちゃったw

f:id:yukikoashiato:20170223180552j:plain

美味しい〜!と夫。

f:id:yukikoashiato:20170223180551j:plain

 わたしもひとくちいただきましたが感想は「おいしいけどわたしが作ったほうが美味しいな…」

 

製菓学校出身のワタクシ、アップルパイは得意なのです。

何年も作ってねーけどな!!

 

 

さて、帰って来て愛しのウイスキーを!!!!!!

 

f:id:yukikoashiato:20170223180548j:plain

 満面の笑みでいっただきまーーーーーーす♡♡♡

f:id:yukikoashiato:20170223180543j:plain

 

はぁぁぁぁぁっっっ

我が家で呑むとまたうまい!!!!

もうチビ雪と共にエクスタシー!!!!!!

f:id:yukikoashiato:20170223180545j:plain

 「なんだよ からざけかよ つまみないのかよ」とふてる梅吉

 

さて、結婚記念日といえば毎年夫が「記念アルバム」を作ってくれます。

こちらも5冊目。

もう5冊目のような、まだ5冊目のような。

f:id:yukikoashiato:20170223180630j:plain

表紙は9年間お世話になって去年お別れした愛車「フィールダー君」とお別れ旅行したときの写真。

今は「ノア子」と一緒に旅をしているよ。

フィールダー君も元気で新しいオーナーさんに可愛がられていると良いなぁ。

 

 

1年だけど、毎年本当にいろんなことがあるよね。

なんといっても去年一年の一番の出来事は梅吉の事故。

わたしたちが泊まりで出かけている時に脱走して、交通事故にあって瀕死の状態で見つかった梅吉。

朝起きて動物管理センターから電話が来た時はまさかこんなに大きな事故とは思っておらず…

迎えにいったときの梅吉の姿、あの表情は一生忘れないと思う。

主治医に「うちではどうにも出来ない」と言われ

紹介していただいてすぐに北大動物病院へ行って…

 

「とにかく命を救うことに全力をかけます」と集中治療室に運ばれた梅吉…」

 

あぁ、思い出しただけで泣けて来る。

 

それが今ではこんなに元気なんだから…

先生も認めた『奇跡の復活』。

すごいぞ梅吉!!元気になって本当に良かった!!

f:id:yukikoashiato:20170226165748j:plain

きみ、死にかけたんだよ…

f:id:yukikoashiato:20170226164226j:plain

 

ま、そんなこともありつつ

とても平和に愉快に幸せに暮らしております。

 

これからまた来年の2月2日まで、どんなことが待っているのだろうね。

 

多分、ふたりにとって人生の転機となる一年になるはず。

 

今年から、更におおーきく羽ばたいて

更に平和に愉快に幸せに暮らして行くぜーーーーーーーー!

 

もう、楽しみでしかないよ!!