あ し あ と 。

生きてます。自由に。

バイクdeデート!!

わたしたち夫婦は仲が良い。

 

普段からペアルック

なんなら毛髪もペア

 

自営業になってからほぼ一緒に居るし

新十津川に来てからは、来る日も来る日も共同作業の毎日。

 

 

 

 

 

いいの。いいのよ。

 

 

 

愛する夫と常に一緒にお仕事出来る幸せ。

 

 

 

 

 

…でも

 

でも何かが足りない氣がするの…

何かが、減ってしまった氣がするの…

 

 

 

 

 

 

アラフィフの友人から「彼ピと花火大会行くんだー❤」と聞いて

「ハナビタイカイ?ナニソレオイシイノ?」反応だったわたくし

 

 

 

 

いかん

 

足りないのは、そうっ

 

 

 

 

 

『ロマンス成分』!!!!

 

 

口を開けば仕事の話

これじゃただの良き仕事のパートナー!

 

 

 

そんなことじゃいかーーーーーん!!

 

 

 

 

ウフフ❤キャッキャ❤❤の

イチャコラ成分が足りないのだーーーーーーー!!

 

 

 

仕事や将来の話をしない!

今流行りの言葉でいうところの『生産性が無い』、ただのイチャコラデートをしなければ!

 

 

 

 

 

ロマンスの神様、願いを叶えてーーーー!!

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来ました。ロマンス成分。

 

 

 

 

 

 

 

 

夫が大好きな

わたしは未経験な

 

オートバイシクル!

 

 

 

 

バイク好きのノーザンノーサン(FBページにリンク貼ろうと思ったらセキュリティでNGだったぞ。サイトつくれ、岩城)

 

が「使ってないから乗っていいよー」となにげに貸してくれたのだが。

夫が嬉しそうにバイクにまたがっているのを見て微笑んでいるだけで良かったのだが。

イチャコラデートは車でドライブでよかったのだが

 

「バイクに乗って行こう!」と夫が言い出した。

 

えええええええええ

 

 

 

 

 

暴走族でブイブイいわせていてもおかしくない経歴のわたくしだが

バイクは未経験、どちらかと言うと避けてきた。

 

 

何故なら

わたしの周りのバイク乗りは全員コケて大怪我したり死んでたりしてるから。

わたしの中ではバイクは「なんかあったらすぐ死ぬもの」としてインプットされているのだ。

 

 

 

コワイ。バイクコワイ。

 

(この時点で「わたしにもまだコワイものがあったのか」と発見する)

 

 

しかし

未経験のゾーンを体験したいという欲もあり少々揺れ動く。

 

「いや、ヘルメット一個しか無いし」

「一回乗るためにわざわざ買うなんて有り得ないし」

 

と、自分の大嫌いな「出来ない理由探し」をしてみるものの

 

 

「Tさんがヘルメット貸してくれるってー!」

 

いつの間にかFacebookで呼びかけイチャコラデートの予定日前日にあっさりゲット。

 

まじか。

 

うむ。

 

これはチャレンジすべきだな!

 

よし行ったろう!

 

誰に会うわけでもない

何かを学ぶためでもない

 

 

バイクに乗って、生産性無しイチャコラデートだぁ〜〜〜〜!!

 

 

 

 

 

 

 

というわけで

とりあえずの目的を

北竜町のひまわりを観る」に決定。

ザ・観光である。

 

人混みは絶対避ける派だが

このお盆休みに観光地に赴くという、これもわたしにとってはかなりのチャレンジ。 

 

 

 

 

 

そして初体験タイムが来た。

 

「さぁ、乗って!」

 

 夫の後ろにまたがる。

 

うっへ〜超無防備!

こんなカラダ丸出しで時速何十キロも出して大丈夫なのか!?

 

しかも夫だってバイクに乗るのは10年ぶり、しかもしかも人様のバイクである。

 

 

 

もう

 

 

 

 

ドキドキしかしないぞ!

(おっ、いきなりのロマンス成分が?いや違う)

 

 

出発してすぐ「怖かったら言ってね」と夫。

「こわい」と即答するが苦笑されてスピード加速。

 

 

 

 

 「雪ちゃんは初めてだから、僕の胴をつかむんじゃなくて、僕の胴に腕をまわして、自分の手同士で組んで」と言われていたので

夫の胴を締め上げる感じで必死にしがみ付く。

ヘルメット同士がぶつかってどうしていいかわからん。

珍しくキャッチのピアスをしたらヘルメットで刺さってなまら痛い。

初停車の雨竜の道の駅まで苦行タイムだった。

 

 

 

雨竜の道の駅では田んぼアートを見ることが出来た。

これも初めて見たー!

バイクも、雨竜の道の駅も、田んぼアートも初体験〜!

 わーい♪

 さっきまでの苦痛を忘れ満面の笑み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『男は最初の男になりたがり、女は最後の女になりたがる』という言葉があるが

 

「わたし、こんなの初めて…」と(もちろん良い意味で)言われたら、嬉しいものなのだろうな。

 

「そんなの知っとるわ(5年も長く生きてるんだぞ)」な妻に、「初めてー!」と言わせる事ができて、夫もさぞかし気持ちよかったであろう。

 

そういう意味では前半は「雪子、初体験❤」づくしであった。

 

ずっと来てみたかった雨竜のアンティークショップ

www.mamedenkyu.com

こちらも初。

やっと来れた!嬉しい〜♪

 

廃校になった木造校舎の小学校を利用していて物凄く素敵!!

 

この感じ…たまらんね。

資料館系で良く見るセットだけど、これは全部売り物なのだ。(写っている子供はナマモノです)

体育館まで利用しているので規模が半端ない!

すっげーーーーーーーーーー−!!

欲しいものテンコ盛りだったけど、バイクなので大物は無理。

今度車で来よう!!

 

テンションダダ上がりで再度バイク。

今度はそんなにこわくない。

頭や手の位置もなんとなく定まってきてた。

 

しかしまだまだ「必死にしがみついてる」感は否めない。

「気持ちいい〜!!」なんて余裕は全く無い。

 

 

そうこう走行しているうちに北竜町

 

初めてのひまわり畑〜!!

うおー!広い!

当たり前だが人も多い。

しかしキョロキョロしっぱなしであまり気にならない。

 

見事だねー!

 

来ましたよ!

ウフフ❤キャッキャ❤❤タイムが!!

ロマンス成分注入ダァ〜〜〜〜〜〜〜!!

「ひまわりちゃんめんこいね❤」などと

 

言っているのも束の間

 

キャッキャ❤堪能したな、のタイミングで

 

 

 

「さ、行くか」

 

続かないロマンスタイム。

 

 

 

「うむ!まごうことなき、ひまわりであるな!」(©パンク侍切られて候)といった感でファンシーひまわり畑を歩く。

 

 

 

 

「このひまわりたちは鑑賞だけなのか?

 そうか、種から油をとったり、粉末にしてひまわりソフトクリーム(美味しかった!)として販売しているわけだ。うむ。無駄がない。」

 

「なるほど、畑を耕すトラクターはこの時期は人を運ぶ『トラクターバス』になるのだな。うむ。無駄がない。」

気がつけば生産性の有る話しかしていない二人!

いやーん

いかーん

 

 

 

 

天気が若干怪しくなったので夫が「もう帰ろうか?」と言ったが

ここはまだまだ足りないロマンス成分、「いや。もっと行きたい。」と可愛くおねだり(をしたつもりだが、おねだりというより威圧だったかも)

 

じゃあ、留萌方面に出て、海沿いを帰ってこよう、ということに。

 

 

 

 

 

 

そしてまたバイク。

今まで全く興味が無かったのに、意識するようになるんだなぁ。

ひとのバイクをしげしげと見てしまう。

バイクもいろんな形があるんだなぁ。

あ、あのひと、さっきの道の駅に居た人だ。

 

犬を飼うと犬好きさんと仲良くなるように

バイクに乗るとバイク好きさんと仲良くなるんだな。

 

 

さて

 

これも知らなかったが

バイク乗りさん同士すれ違うときには手をふったり、頭をさげたり、挨拶をするようだ。

 

 

夫は柳沢慎吾の「アバヨ!」のポーズ(人差し指と中指を立てて「チャッ」とやるやつ)をするのだが

 

夫が手に装着しているのは

 

 

軍手

 

 

である。

見るにみなさま皮の手袋などをしているのに、夫は

 

 

軍手

 

 

である。

 

使い古した、手のひらにイボイボのついた

 

 

軍手

 

 

で「チャッ」とやるのである。

 

 

 

どんなにカッコつけても

 

 

軍手

 

 

 

避けられないオヨネーズ感。

 

 

もう、見るたびに心の中で大爆笑であった。

(誤解の無いように言っておきますが、わたくし軍手大好きです。ゴム手より軍手派です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板に途中で北空知の風景を一望出来る丘があるとあったので目指してみるが

ここでは、ないのか…?

まぁ、写真には撮りきれていないけど一望は出来た。

空知ってぺったらこい(平べったい)んだなぁ〜

だから田園になるんだね。

 

 

 

この丘に上がる小道が砂利道で、若干ヨタヨタ。

「雪ちゃん、危ないから歩いて下で待ってて」

 

 

 

普段から優しい夫ではあるが

今日は自分も不安だし、相手は初心者だし、より気を使っているようだ。

 

ちょっと胸キュン。

おっロマンス成分アップしたぞ。

 

 

「ひまわりとバイクと一緒に写真撮りたい!」と

走行中にヘルメット越しに無茶なおねだりという名の威圧をかけ

結果残念な写真しか撮れず。

保護色な夫がかっこいいので良しとする。(キュン❤)

 

さて、留萌方面へブーン。

 

少しだけ慣れて来て、頭の位置を変えたり、体制を変えたり動けるようになってきた。

「留萌って都会だねー」という余裕の発言も出た。

 

 

 

 

そして

ぞうもう と書いて ましけ

増毛町に立ち寄りますよ!!

 

 

 

 

増毛と言えば國稀酒造!

 

聞けば今度は夫が「増毛も國稀も来るの初めて❤」と言うでは無いか!!

なんと!!

しかし、初めて発言に女(わたし)は特別喜びは無いので「マジかよ…」とびっくりして終わり。

本来なら一升瓶でも買って帰りたいところだが、バイクだし。重いし。見学して、わたしだけ試飲して終了。

 

 

一升瓶を抱える熊ちゃん(増毛で撃たれた本物熊の剥製)

 

良い写真が撮れたぞ。

夫の家系はアルシンドハゲ(かっぱハゲ)らしいので

将来的には近いことになるのかしら。

リアルお茶の水博士を目指したいところ。

 

 

初めてだとゆーので、増毛観光をしてみましょう。

お隣の鈴木かまぼこ店にてタコかまぼこ。

増毛と言えば甘エビとタコなのですよ!! 

 

 

増毛駅へ。

 

あぁ…夫と駅に来てしまったら…

ましてや廃線になった元終着駅なんて来ちゃったら…

 

それはもう、対新十津川駅の話になってしまうのは仕方ない。

 

たこザンギ(300円)と甘エビ汁(100円)をツマミに

「増毛にはこういう(海産物)キラーコンテンツがあるが新十津川には」

廃線になっても駅舎と線路を残して観光化するためには」

廃線になったからこその人の導線が」

などと、ガッツリ話し込む。

 

増毛は駅〜観光協会〜飲食店〜国稀酒造という

一連の流れが出来ていて、しかも全て歩ける範囲な上、無料自転車貸し出しも有り。

 

お盆休みで人が多いということもあるが

初めて来た夫が相当感心していた。

 

では、その見事な導線をご紹介しよう。

 

まずは旧駅舎には

広い駐車場があり、ホームと駅名標も一部の鉄路も残っている。

鉄道ファンじゃなくても撮りたくなる、フォトジェニック感がある。

実際多くの人(カップルや家族も)が写真を撮っていた。

旧駅舎内はさきほどのザンギや汁やたこ飯、他にも冷凍海産物や干物がかなりの品揃えで販売している。

 

駅を出ると観光案内所。

多くのひとが撮影していて写真を撮れなかったけれども

高倉健主演「駅〜STATION」という映画で増毛も使われたらしく、その名場面を再現出来る(コスプレ衣装もあり)コーナーがあったり、その映画を流している休憩所があったり、

小物お土産コーナーやちょっとした飲み物(特産品のりんごラムネなど)も買えたりする。

 

案内所前にあるレンタル自転車は無料。

案内所を出てまずは國稀までを目指す

途中にはオシャンティー&盛況なお店がずらり!

 

去年来たときにはあったかなぁ気が付かなかっただけかなぁ

 

石焼ピザ屋さんらしい

 

↓どーでもいいけどわたしの頭(毛髪)のデカさよ…

旧旅館もゲストハウス(?)として使っているようですよ。

素敵なカフェも併設。

 

長蛇の列のお寿司屋さん。

やはりお目当ては甘エビ丼か海鮮丼でしょうな。

 

歴史的建造物も並んでいて、こちらは館内も見学出来ます(有料)

屋台的なものもたくさん出てる。

そして國稀、なんですが

写真は撮り忘れたけど国稀の先にも蔵を利用した可愛いお蕎麦屋さんや、地元産の果物で作ったジャム屋さん、アップルパイ屋さんなど

この先もまだまだ楽しめそうです。

 

せっかくなので海が見たい。

曲がったところにはこれまた蔵を利用したカフェがあって

これがまた珈琲を飲んだりするのはもちろん

増毛の昔の漁に使っていた船がどーーーーんと展示されていたり、

ニシン漁の栄華をパネルで紹介していたりモッコ担ぎ体験出来たり

ただのゆるゆるカフェじゃなかった…

 

 

うぅむ。

増毛、やるなー!!

 

 

 

 

 

と、すっかり増毛の観光案内ブログになってしまいましたが

閑話休題

ロマンスブログに戻りますよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「海とバイクと写真撮りたい!!」

またしてもおねだりという名の(以下同文)してバイクを海まで持ってきてもらって、撮ってもらいました!

いえーい日本海バンザ~イヽ(´ー`)ノ

 

 

 

 

 

かもめよ…元気でな

 

よし、満足した!

 

結局キャッキャ言うより生産性のある話をしていたほうが心底盛り上がっていたようだが

まぁ、それが我らの喜びであるならばそれはそれで良いではないか。

今はそういうほうが楽しいのだろう。

 

夫にしがみついたり、キュンとしたり、

バイクという吊り橋効果はあったものの、ロマンス成分は取れた気がするし。

 

さぁっ、あとは帰路に着くじょ!!

 

 

右側に海を見ながら、海岸線をブーン。

 

 

途中、トイレ休憩したときに見た

バイクの後ろに乗っていた女性は前の人の両肩をつかんでいたよ!!

しかもバイバーイって手を振ってくれたよ!

すげー余裕だな…

夫に言うと「投げキッスしてくれる女の人もいるんだよ」とのこと。

うわーそれやりてー

余裕持って投げキッスしてみてー

「顔の見えるタイプのヘルメットじゃないと意味ないけどね」と夫。

それを聞いて諦めるわたし。(いろんな意味で)

 

 

 

…(気を取り直して)

 

あっっっ!!そうそう!

 

これこれ!

これも初めて見たバイクの給油!

なんかエロい…と感じたわたしはアタマがおかしいのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

浜益のこのスタンドから左折、青看板には新十津川の文字が!

海から一気に山に入ります。

 

 

 

 

このあたりで、気分がだいぶ変わる。

緊張もとけ、満足もし、

どちらかの風景しか見れないしがみつく体制から

夫からカラダを離して全体的に風景を見てカラダに風を感じることが出来た。

 

このとき、初めて「バイク気持ちいい!」と思う。

運転してたらもっと気持ちいいだろうなぁ、とも。

かと言ってじゃあわたしも免許取る、とかバイク欲しい、にはならなかったけれど。

 

 

田園を通って、海に出て、山を走る。

 

 

うん。

やっぱりわたしは山が好きだ。

木が好きだ。森が好きだ。

 

ホームに帰ってきた安心感。

 

石狩〜当別を抜けて、新十津川に!

そして、通るなら挨拶していきましょう。

 

アイヌの碑。

 

 この碑に出逢ってから足繁く通った。

yukikoashiato.hatenablog.com

 

そしてその後、レラさんに来てもらって供養した。

yukikoashiato.hatenablog.com

それからは以前ほど気にならなくなって、積極的に行くというよりは通りがかったら挨拶をする、という感じになった。

 

ここに居た民たちが、癒やされていれば良いのだけど…

 

 

 

 

で、これまた通り道の堀農園さんに寄ることに。

突然の電話にも関わらず対応してくださいましたー。

しかも明日から札幌とな。

良いタイミングでした♪

 

 

到着すると

「あ、子牛見ます?3日前に生まれたばかりの。」

 

 見ます!見ますとも!!見させてください!!

 

 

はぁぁぁ〜〜〜ん❤

まだ足元ヨロヨロのベビー牛が!

赤ちゃんを見守る母牛の瞳の優しいこと…

この子たちが食肉になるのだということは今は考えない!!

 

 

 

さぁ、野菜!

野菜をお願いします!!

 

以下、Facebookに投稿した文章(手抜き)

ーーーーー

新十津川の堀農園さん。

FFC活用仲間でもあり北海道神宮マーケット時代から約7年のおつきあい。

もちろん我々が新十津川に来てご近所になってからもお世話になっております。
「野菜食べたい!」と伺いますと
一緒に畑に行って、「これなんか良いね」「この子はこうして食べると美味しいよ」と、一番美味しいところを採ってくれます。
きゅうりもなすもとうきびも、その場で生のままでかぶりついて美味しい〜!を実感してお持ち帰り。
ホントに良い素材は余計な調理はいりません❢

なんといっても堀さんの畑は、居て気持ちが良いのです。
そして、大きな組織に販売を任せず「自分で育てたものは自分の力(営業力)で販売する」スタイルは応援したいのです。

堀さんはその自力販売のため、わたしたち以上に札幌に来ています(笑

わたし「今日は新十津川にいますか?」堀さん「札幌です」
堀さん「今日、札幌で売ってます」わたし「新十津川です」
何度こんなやり取りをしたことかwwww

今日、明日もチカホで販売しておりますので、札幌のみなさま、この愛溢れる野菜たち、是非一度お試しになってください!

http://www.msknet.ne.jp/~horifarm/

 
 

まずはハウスに入って〜

きゅうりとオクラと食用ほおずき。

「食べてみて」と貰った

ほおずきは先日サンプルでもらったものより熟して甘くなっている!

美味しい〜〜〜〜!

 

 

水なすと丸なす

ステーキと漬物

 

ロッコいんげんは新じゃがと一緒に炒め煮

摘果メロンは漬物

 

とうきびはやっぱ茹できびかなぁ

生でもいけます!あま〜〜〜〜い!!!!

 

いっぱい採ってくれました!

これに、新じゃが15個くらいととミニトマトどっさりもついて2000円。

スーパーじゃ買えないこのクオリティのものですよ、

いやーありがとうございます!

 

みなさま、全国配送もやってますから是非とも新十津川の堀農園のお野菜、お試しくださいませ!!

 

 

さぁっ

帰宅して速攻でビール!!

 

 

 

そして今採ってきた野菜だけでBBQ(肉無し)

 

 

 

 

 

いや〜〜〜〜〜

 

楽しかったね

ほんで疲れたね。

 

 

夫も緊張していたのであろう。

食後はフニャフニャであった。

 

 

お互いいろんな事が初体験で

いろんな事を再確認出来た

バイクdeデート。

 

 

 

そこの奥様、

ロマンス成分、足りてますか?

 

夫を後ろから抱きしめる、なんて、やってますか?

たまにはバイク抜きでもやってみると良いかもしれないですぜ。